鋏角

Chelicera

雌成虫の鋏角

雌成虫の鋏角は固定指 (fixed digit) と可動指 (movable digit) で構成され,固定指には1本の顕著な(明瞭な)鋸歯 (tooth) と微小な複数の鋸歯が,可動指にも微小な鋸歯が観察される場合がある.

chelicera chelicera

雄成虫の鋏角

雄の鋏角も固定指と可動指で構成され,可動指の先端に担精指 (spermatodactyl) という構造がある.担精指は交尾の接合中に雄の精口 (genital opening) から精指を吸い出し,雌成虫の精子口 (sperm induction pore) に精子を注入する機能を有する. 担精指は shaft と foot の2つのパーツで構成されており,全体の形状が直線型,L型,U型,T型などに区別され,種の識別に利用される場合がある.

spermatodactyl spermatodactyl