主要種識別の流れ

1.亜科の識別

2.ムチカブリダニ亜科

 -1.ニセムチカブリダニ属

 -2.モリカブリダニ属

 -3.コンボウカブリダニ属

 -4.ウルマカブリダニ属

3.ムチカブリダニ亜科の7属

4.特定の毛が長い

 -1.4対の毛が長い

 -2.3対の毛が長い

 -2-1.Z5がさらに長い

 -2-2.Z5が長い

 -3.2対の毛が長い

 -4.1対の毛が長い

5.どの毛も同じ長さ

 -1.全体的に長い

 -2.全体的に短い

 -3.Z5がやや長い

 -4.全体的にほどほど①

 -5.全体的にほどほど②

6.ホンカブリダニ亜科

 -1.J2とR1がある

 -2.腹肛板が小さい

 -3.s4がとs6より長い

 -4.s4とs6は同長

7.カタカブリダニ亜科

 -1.z6がある

 -2.カタカブリダニ亜属

 -3.アントセイウス亜属①

 -4.アントセイウス亜属②

カブリダニの主要種の識別

「3対 (s4, Z4, Z5) の胴背毛が長い」グループのうち,「Z5が背板幅より短い (Z5 : 70 - 150μm)」グループを腹肛板の形状で識別し,Z4とZ5を比較する.

腹肛板の前肛毛は前方に偏っている

腹肛板はやや細長く,前肛毛が前方に偏っていれば,エゾカブリダニ (1.2MB)である.

Amblyseius tsugawaiAmblyseius ezoensis

 

腹肛板の前肛毛は六角形に配置される

Amblyseius tsugawaiAmblyseius eharai

腹肛板の側縁が直線で,「五角形」もしくは「ホームベース型」であり,前肛毛が六角形に配置されれば,10種が該当する.s4, j3, S2, Z4, Z5の長さを比較して,種を識別する.

s4が長い (s4>S2×3) s4が短い (s4<S2×3)
short setal sp
Z4が長い (Z4>Z5/2)
(1.23 〜 1.54)
スワルスキーカブリダニ

ラデマッヘルカブリダニ
イログロカブリダニ

チトニアカブリダニ
short setal sp
Z4が中庸 (Z4=Z5/2)
(0.95 〜 1.10)
アンダソニカブリダニ アイヌカブリダニ

イシカワカブリダニ

サロベツカブリダニ
short setal sp
Z4が短い Z4<Z5/2
(0.88 〜 0.91)
ミチノクカブリダニ タカネカブリダニ

 

j3が長い (j3の先端がj4の毛穴に届く) j3が短い (j3の先端がj4の毛穴に届かない)
short setal sp
Z4が長い (Z4>Z5/2)
(1.23 〜 1.54)
スワルスキーカブリダニ イログロカブリダニ

チトニアカブリダニ

ラデマッヘルカブリダニ
short setal sp
Z4が中庸 (Z4=Z5/2)
(0.95 〜 1.10)
アイヌカブリダニ

アンダソニカブリダニ
イシカワカブリダニ

サロベツカブリダニ
short setal sp
Z4が短い Z4<Z5/2
(0.88 〜 0.91)
該当なし タカネカブリダニ

ミチノクカブリダニ