主要種識別の流れ

1.雌成虫を識別する

2.全体の印象

3.ムチカブリダニ亜科

4.ムチカブリダニ属①

5.カタセンカブリダニ属

6.ムチカブリダニ属②

7.全体的に毛が長い

8.全体的に毛が短い

9.毛が太い

10.あまり特徴がない

11.カタカブリダニ属

12.ナラビカブリダニ属

13.ウスカブリダニ属①

14.ウスカブリダニ属②

15.ウスカブリダニ属③

 

7.ケナガカブリダニを識別する

全体的に毛が長いカブリダニには,ケナガカブリダニが知られる.導入種のオキシデンタリスカブリダニは形態的に近似するが,試験的に導入された青森県でも2000年以降は採集されていない.ちなみに,両種の識別点は以下の通りである(豊島・植物防疫(2012)にも詳述).

 ① ケナガカブリダニ

   前背板における側列毛は4本(j3,z2,z4,s4 → ムチカブリダニ亜科).

   j5の先端がj6の起点(毛穴)を超える(j5が長い).

   周気管の先端はj3の近傍まで伸びる.R1がある.腹肛板はホームベース型.

 ② オキシデンタリスカブリダニ(導入種)

   前背板における側列毛は6本(j3,z2,z3,z4,s4,s6 → カタカブリダニ亜科).

   j5の先端はj6の起点を超えない.

   周気管は非常に短い.R1がない.腹肛板は花瓶型.

occidentalis

occidentalis

occidentalis occidentalis